華の夢

今年から大学生になる要の、徒然日記* 好きなアイドルも音楽も趣味もない現状から 何とか抜け出し、充実した毎日を過ごす事が 目標デス♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女ってのはさ……、花みたいに貪婪なくせに、動きが鈍い。
なんでも、じっと待っていさえすれば、相手が飛び込んでくるって
勝手に思い込んでいるんだ。

植物の中で花が一番醜いことに気付ていない。



            
(森博嗣/短編集『地球儀のスライス』の河童より)








・・・む。深い。





そうなのかも知れない。

私達は物事の本質よりも、上辺だけの美しさだけに囚われ過ぎているのかもね。


惑わされてやしないか。惑わしてやしないか。




美しい言葉を並べて、優しい笑顔を作って・・

でも本当に大切なのはそんなモノじゃなくて、
例えそれがどれだけ
醜くても、汚くても、
それでも・・・・







愛情は一種の忘却、あるいは精神異常。




この言葉に、妙に納得してしまうのはどうしてだろう。


私は家族から、大きな愛と優しさを受けてここまで成長出来て、
沢山の友達と触れ合って、人を傷つけることの罪深さも学んで、
沢山の愛情に触れたから、沢山の愛情を注いだから、
だから人を愛する事が出来るんじゃなかったの??



でも、本当に愛されていたのかと問われれば、頷く事は出来ないし、
では、本当に愛していたのかと問われても、きっと私は動けない。


ここで頷いてしまえば、それはあまりにも真実味を失くしてしまう。


言葉ってこんなにも頼りのないものだったかな。
私が今まで感じてきた愛は、本当に確かなものだったかな。
本当に本当に、誰かを大切に思った事なんてあったかな。




所詮は愛など本能の醜さを隠す為の仮面でしかなく、
それを被っているだけの愛情など、醜いだけ。

自由など、錯覚により起きる虚しさの残骸で、
博愛など、甘い香りで餌を引き寄せる為の手段にか過ぎない。


それこそ醜さの集大成。



救いようの無い偽善。救われる事の無い愚かさ。







皮肉った考え方といえばそぅだ。

でもさ、どっちが真実にしろ綺麗な言葉より、こういう悲観的な言葉の方が
人って信じちゃうと思わない?綺麗事は所詮理想でしかないと思ってるからかな。





愛は錯覚なのかもしれない。
美しくありたいが為の。

あるいは麻痺しているのかも。
人は愛するものだと。

それとも勘違いしている?
人が愛するのは当然の事だと。





こうやって私が言葉を並べているのも、
醜いだけの行為なのかもしれないけどね。











ぬぬぬ・・



私には深過ぎて森氏の言わんとしている事の20%も掴み切れていないと
思われ・・というか出来るもんか。


今上で言ってる事は上辺の浅い所でしかないから、もっと考えて言ったら
すごく深いところまで行き着くんじゃないかと思う。
見えない事ってどうにでも捉えられるし、無限に広がれるからね。

でもそれを文章にする力は私には無いなー。


森氏だけではないけれども、こういう深い文章を読むのは結構好き。
でも人がどんどん哀れな生き物に思えてくるから考えものかもね。

知らぬが仏というけれど、実際気付かない方がいいものって沢山有るし。


もっとポジティブな考え方も出来るはずだけど











・・・・ところでコレ著作権とか大丈夫??




スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://flowerdream413.blog87.fc2.com/tb.php/126-5098d752
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。